名古屋で選ぶ!こだわりの結婚式場を比較しました!

home > 名古屋で選ぶ結婚式場 > 名古屋の結婚式全てが派手なわけではなくなっている

名古屋の結婚式全てが派手なわけではなくなっている

名古屋においては娘の嫁入り支度に対して多額のお金を掛けていく風習があり、テレビにおいても名古屋の嫁入りについて取り上げているドラマが放映されていることもよくあり、実際には名古屋市においては娘を三人持つと親が破産してしまうほどに娘の嫁入り支度に対してお金を掛けてしまうのかといえば、まんざら嘘ではないでしょう。
また、名古屋市においては春や秋の結婚シーズンになれば嫁入り道具を満載しているトラックを見かけます。
しかし、 家具を積んでいるトラックについては1台、家電製品を積んでいるトラックは1台の合計2台といった嫁入り道具の量に関しては、ごく普通となっています。
しかも、最近の調査においても娘の嫁入りに対して親が掛けていく費用に関しては名古屋市がトップらしいです。


しかし、最近においては昔ほど嫁入り道具にお金を掛けてしまうという事は無くなっており、その理由としては単純に、ほとんどの家具を購入しても昔ほど大きな家については用意できませんので、しかも、置き場が無いからでしょう。
また、結婚後においてマンションに住んでいる人も増えていますから、部屋数の少ないマンションにおいては大きな家具を持ち込んでも邪魔になってしまうでしょう。
したがって、用意していく嫁入り道具に関しては最小限にした上で、その代わりとして娘にお金を渡して自分で必要となるものは購入してもらうことが一般的となってきています。
なお、名古屋市においては結婚式当日、花嫁が自宅を出る場合に近所の人を集めてお菓子を撒くような風習がありました。
しかし、これも最近においてはあまり行われなくなっています。


また、娘3人持てば身上つぶれたり、嫁をもらう場合は名古屋からとは昔からよく聞く言葉となっています。
そして、一昔前までは実際には名古屋の結婚式に関しては派手なものであり、トラック何台分もの嫁入り道具を娘に持たせた上で、ガラス張りのトラックによってそれを近所の人々に披露した上で紅白の幕をつけて凱旋して、集まっている近所の方に餅やお菓子などをばら撒くということが行われています。
しかも、そのしたことが現在も日常的に名古屋市では行われているのかといえば、少し様子が 変わってきたらしく、具体的なデータにおいて結納や結婚式場、披露宴や新婚旅行にどれだけのお金をかけているかを調査し、 それを地域別に平均しているものを見れば、2001年の調査においては東京地区で337万円、 大阪地区は318万円、名古屋地区は375万円と確かに東京や大阪と比較してもお金をかけてはいます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る